制服の愛人

君を拉致して、ここに監禁してる。毎日…毎晩、君を……愛してる。

“親父はどんなふうに君を抱いたんだ? 週に何度?”遺産相続の際に、死んだ父に愛人がいたことが発覚する。女性は三年前に他界し、父の別宅には高校生の息子、優斗がいるだけだった。 俊之は一目で強く惹かれるが、腹違いの弟への歪んだ想いを認めまいとした。しかし、実は愛人の連れ子と知り、ある疑いを抱き始める。 「なんで親父は、赤の他人と三年も暮らしてたんだ」 優斗の無意識に誘うような眼差し、仄かに香る媚態。まだ子供の身体に夢中になって、父は年甲斐もなく溺れたのではないか、と。妻や息子がいることも忘れて。彼を欲しくなるのは、そのせいだ。男を知っている彼がいけないんだ。こんな妙な気持ちにさせるのは……。「君は親父の愛人だったのか」疑惑が確信に変わったとき、俊之は禁忌の扉を開ける。 これは嫉妬だ。あんなに嫌いだった親父と、俺は同じことをしてる――

  • 著者:鹿住 槇
  • イラストレーター:麻生ミツ晃
  • 発売日:2015年04月25日
  • 価格:843円+税
  • ISBN:978-4-596-74436-4
電子配信
※書店により取り扱いがない場合がございます。
関連作品